So-net無料ブログ作成

極北の雷鳥 [極北の動物/自然]


Pyarmigan 雷鳥

極北の冬は、白い動物たちが多い。雷鳥もそのひとつで、日本に生息する雷鳥と同じで、
この地の雷鳥も、夏の間は茶色だが、冬になると雪と同じ色になる。
日本では天然記念物の雷鳥も、ここ極北では人間の食材となる...。
(自分は食べた事はないけど)
ホッキョクウサギ同様に、雪の上の被写体としてとても難しく、太陽が出ていて影がないと、
なんだかわからない写真になってしまう(笑)

丹葉暁弥
「動物と風景の写真のページ」 http://www.asahi-net.or.jp/~kw6a-tnb/


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 4

maimai

こんなトトロみたいなかわいい鳥を食べるなんて
信じ難いですねぇ~。
by maimai (2005-09-08 02:58) 

おばちー♪

お~~ぅ・・何がいるのかと思いました^^;)・・鳥さん・・見事に真っ白かなり大きく見えますが・・・寒さの為に太るのでしょうかね♪
by おばちー♪ (2005-09-08 19:27) 

Aki

動物は、冬毛になると毛(羽毛)の中に空気の層を多くとるために、ひとまわり大きくなります。これは、羽毛布団やダウンジャケットと同じで、ふっくらしている方が暖かいですよね!
by Aki (2005-09-08 22:06) 

maimai

なるほど~。 1つまた物知りになりました。
うちのインコも寒い日や悪寒などする時は膨らみますが、
極寒の地の動物はもっとふっくらホカホカな感じですね。
by maimai (2005-09-09 00:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。