So-net無料ブログ作成
ペンギン、南極 ブログトップ

砕氷艦「新しらせ」体験航海 後半 [ペンギン、南極]




さて...昨晩の日記の続きです。
4月15日(木)、晴海埠頭から横須賀の自衛隊の港まで、
「砕氷艦新しらせ」の体験航海に参加しました。

前回は東京湾羽田沖まででしたが、羽田ネタが多すぎました(笑)


_1AK0371b.jpg



 

続きを読む


nice!(32)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

砕氷艦「新しらせ」体験航海 前半 [ペンギン、南極]


本日4月15日(木)、晴海埠頭から横須賀の自衛隊の港まで、
「砕氷艦新しらせ」の体験航海に参加しました。

先日の日記でも書きましたが、4月9日にこの「しらせ」は、
南極昭和基地から帰ってきました。
そして...今日は関係者の体験航海がありしました。


_1AK0790s.jpg
海上自衛隊横須賀港に入港した新しらせ(体験航海後)


とにかく...今日は寒かった!!


 

続きを読む


nice!(21)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新南極観測船しらせ [ペンギン、南極]



昨日4月9日、「新南極観測船しらせ」が、南極往復5ヶ月の長い旅を終え、
東京の晴海埠頭に戻ってきました。


_2AK1375b.jpg



_2AK1422b.jpg



 

続きを読む


nice!(25)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

写真と音楽 [ペンギン、南極]

 

南極へ、ペンギンの撮影に行った際、あるピアニストCDを持参し、
そのCDを聴きながら幻想的な氷山やペンギンたちを撮影した。


帰国後開催した写真展の会場では、その曲を流した。




写真は、自分の中にあるイメージを表現する。

その”時”を”記憶”させる。

自分にとってそのイメージを表現させるために、音楽というのは
とても大切なものであり、音楽なしでは完成されないと思っている。
もちろん、無音も音楽であって、イメージには必要だと思う。

イメージによって創られた写真を、写真展の会場でその音楽を流すことによって、その世界は再現された。


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ペンギン基金作品展 [ペンギン、南極]

昨日は、現在渋谷のmont-bellサロンで開催されている「ペンギン基金作品展」のイベントで、写真家仲間でもあり、我が師でもある鎌倉文也さんのスライドショーが行われたので、拝聴しに出かけてきました。鎌倉さんは言わずと知れたペンギン写真家の中でも第一人者で、私が唯一大好きな写真家です。鎌倉さんの構図やペンギンたちの表情はとっても和みます。スライドショーは大盛況で、1時間半と言うじかんがあっという間に過ぎてしまいました。 鎌倉さんのスライドショーは終わってしまいましたが、「ペンギン基金作品展」は今月30日までやってますので、ペンギン通の方は是非あしを運んでもらいたいと思います。

詳細はこちら→ http://www.montbell.com/japanese/shop/mbs_618851.html#penguin

イベントの後、鎌倉さん夫妻と、私と私のパートナー、そして私や鎌倉さんの写真集のデザイナーさん夫妻と共に、渋谷の居酒屋で飲んで来たのですが、これがまた楽しくて。あっという間に終電の時間。それでも渋谷の街には人が結構居て....。夜の渋谷は、シロクマを撮影している極北の地よりも、私にとってはぜんぜん恐いです(笑) 危険な臭いと、危ない人たち(?)...。そんな事を考えるのは、自分がとしだからでしょうかね~?

丹葉暁弥
「動物と風景の写真のページ」 http://www.asahi-net.or.jp/~kw6a-tnb/


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ペンギンのパニック [ペンギン、南極]


アデリーペンギンの親子   Antarctica

海から戻ってきた親を見つけた子供たちは、餌をねだって必死に追いかける。
その形相に一瞬たじろぐ親。一人ずつ口移しをしようと試みるが、子供は我先にとパニック。
そして、親もパニック。結局子供に追い回されて短い足で必死に逃げる姿は、とってもおかしい。
親の悲鳴が聞こえてきそうだ。

丹葉暁弥
「動物と風景の写真のページ」 http://www.asahi-net.or.jp/~kw6a-tnb/


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ペンギンの背中 [ペンギン、南極]


Adelie Penguin アデリーペンギン   Antarctica

ペンギンの背中には哀愁を感じる.... 

丹葉暁弥
「動物と風景の写真のページ」 http://www.asahi-net.or.jp/~kw6a-tnb/


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

水族館 [ペンギン、南極]


ジェンツーペンギンの親子 (南極半島近隣の諸島にて)

昨晩、都内の某水族館へ行ってきた。
いつもそうなのだが、水族館へ入るまでは、楽しみでウキウキしているのだが、中に入ってペンギンやシロクマに逢ってしばらくすると、とても悲しい気分になり、その場から立ち去ってしまいたくなるのだ。
昔は、朝から晩まで飽きることなく、彼らをすっと見ていたものなのだが、最近は...絶えられない...。これは、自分のとっても贅沢な悩みなのだ。野生で生活している彼らの真の姿を見てしまったために、水族館や動物園という閉ざされた空間しか知らない彼らを見ていてとても切なくなる。
でも、情操教育のためにはこれらの施設は必要であるというのはわかっているし、実際自分が幼少の頃は動物園に行くのがとても楽しみであったわけだし...。

周りの親子やカップルはみな「カワイイ~!!」と言って楽しそうな顔をしているのだが、自分たちは気分が落ち込み、挙げ句の果てには...「可愛そうだ...」とつぶやき、出口へと向かう。

丹葉暁弥
「動物と風景の写真のページ」 http://www.asahi-net.or.jp/~kw6a-tnb/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台風一過 [ペンギン、南極]

私の住む神奈川県の山際では、雨も風もあまりひどくはなかったです。農作物等に被害のあった地域の方々には、お見舞い申し上げます。それにしても、科学技術や予報システムが発達したこのご時世でも、人間の世界は自然災害に弱いですね。特に、先日の関東地域の地震もそうでしたが、大都市圏は特に交通を中心に麻痺してしまいます。
ところで...大雨でも都心で長靴を履いている人は、あまり見かけないのはなぜでしょう?ちなみに私は本日長靴を履いて外出しました。(笑)ちなみにこの長靴、ホームセンターで安売りしていたものなのですが、南極まで持っていって、アゴヒモペンギンたちに突付かれて、

そして持ち帰ったという地球の下まで行ったご苦労な長靴なのです。長靴って、重いんですよ。スーツケースに入れると特に...。だから、帰りはどこかに寄付して来ようと思っていたのですが、「もったいない...」と思い、結局重いのに持ち帰ってきました。シロクマの撮影の際も、NATO軍が極地で履く、マイナス50℃でも暖かいブーツを日本から持っていって、やはり持ち帰りました。これが嫌になっちゃうくらい重い!(多分、1kgはあると思う)しかも、スーツケースの1/4を占領するし...。結局、次の年からは持って行くのが大変なので、現地で安くて機能的なブーツを買ったり、それを現地の友達に預かってもらったりして...最初に買った重い重いブーツは日本では履く機会が無いし...あ~もったいない。

丹葉暁弥
「動物と風景の写真のページ」 http://www.asahi-net.or.jp/~kw6a-tnb/


ペンギン、南極 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。